くすみに悩む人のクレンジングとは

subpage1

人間の皮膚の中で顔はとてもデリケートであり、肌のバリア機能を担う角質層はわずか0.02mmと大変薄いです。

その為ニキビやシワを初めとした肌トラブルに悩まされる人は少なくないでしょう。肌に透明感やツヤがない状態であるくすみもその中の一つであり、乾燥や血行不良、角質肥厚などが要因に挙げられます。

実はクレンジングでくすみを緩和することが可能であり、配合成分が選ぶポイントです。

くすみになる要因の大半は肌のターンオーバーが低下したことで古い角質が表面に残り蓄積した角質肥厚だとされます。


この為古い角質を除去する成分を配合した商品がおすすめであり、グリコール酸やサリチル酸が良いです。双方は肌の角質を取り除きやすくしたり、血行を促す働きを持ってましが肌への刺激が強い短所があり敏感肌の人は注意が必要です。

詳しく知りたいクレンジングのくすみに関する最新情報はこちらです。

この他、尿素や硫黄といった成分もクレンジングに配合されてると角質肥厚を緩和する手助けになります。



ハンドクリームに使われることの多い尿素は角質を柔らかくすると同時に保湿効果が見込めます。



温泉などで耳にする硫黄にはニキビの炎症を抑える作用もあり肌のゴワつきの他ニキビに悩む人にもおすすめの成分です。

クレンジングはファンデーションや角栓といった油性汚れの洗浄に特化しており、角質除去成分がなくても肌に負担がかかりやすいです。
もしくすみ以外に乾燥肌や敏感肌を患ってる人はミルクやクリームのような刺激の低いタイプを使用するなど工夫しましょう。